FC2ブログ

プロフィール

烏野猛

Author:烏野猛
介護事故裁判やリスクマネジメントの講演には定評があり、これからの社会保障や、社会福祉をめぐる「年金」「医療」「介護」の将来予測については、全国からの講演依頼があとを絶たない若手研究者。
2000年の介護保険制度導入後、介護業界での規制緩和に対抗するスタイルで福祉リスクマネジメント研究所を設立。「社会保障法」「社会福祉法制」の専門家であり、「福祉・介護」と「法律」の両方がわかる研究者。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

事故にまつわる検証…

経済は、混迷を極めていますが、数日で日本経済が瓦解するものでもありません。
それはさておきとして、介護をめぐる事故等の検証についてです。

この10連休となったGW中、高齢者のアクセル踏み間違い事故をはじめ、子どもを含め多くの未来ある人が亡くなりました。
なかでも、滋賀県大津市にある保育園児の散歩の列に車が突っ込み複数の園児が亡くなった事故は、悲しい限りです。
この保育園は私が勤務する大学からもそう遠くはなく、うちの卒業生らも就職している園ですので、教え子が病院に担ぎ込まれたのではないか、本学の教職員にとっても他人ごとではない大きな事件でした。

地元ということもあり、亡くなった園児らは、うちの卒業生の子どもではないだろうか…
園児らをはねた車の運転手はうちの学生ではなかろうか…(結果として運転手は、50~60歳代の女性でしたが、そうであれば、うちの学生の保護者ではなかろうか…)、とリスクについて不安が駆け巡るわけです。

またその後の泣き崩れる園長の記者会見などでは、以下のような質問が飛び交い、マスコミの姿勢に非難が集中した場面もありました。
Q 亡くなったお子さん二人は、どんな人だったのか?
Q 散歩では、どんなコースで、どこに行く予定だった?
Q 今回の散歩では保育所がどういった体制・対応を行っていた?
Q 保育士が3名ついていたと言う事だが、どういった対応を心がけていたのか?
Q 園児たちにどういった声をかけてあげたいか?
Q 信号待ちの時、隊列はどうなっていた?
Q 道路側と通路側には誰が歩いていた? 
Q 被害に遭われた方は何組?
Q 園児たちは手を繋いでいたのか? 通常はどうなっていたのか?
Q 何時に園を出発し、何時に戻る予定だった?
Q ウサギ組は、何名散歩に参加していたのか?
Q 散歩コースはどういったところ?
Q 横断歩道を渡らせてから緑地の方に行くのが通常パターン?
Q 園から1キロぐらい歩く? 
Q レイモンド淡海保育園は園庭がないので、いつも緑地の方に行くのか? 
Q 今回はウサギ組だったが、他の組もいつも行っているのか?
Q 今回の事故現場は、昔から危ない場所だと認識しているのか? 
Q これまでの散歩コースで、危ないと思ったところはあったか? 
Q 固定ルートは全部で何コースある?
Q どういう風にルートを決めているのか? 
Q 今回の事故について、車の動きをどのように認識されていたか? 
Q 普段から危ないという認識はあったのか?  

次に、数日前、宮城県名取市にある県立特別支援学校に通う生徒が、スクールバスで登校中に心肺停止状態となり、搬送先の病院で死亡するという事故が発生しました。生徒は、先天性筋ジストロフィーで知的障害があるとのことでしたが、スクールバスで登校中、痰を気管に詰まらせ、心肺停止状態となったわけです。バスに同乗していた保安要員が異変に気付いて消防に通報しました。
争点は、生徒の異変に気づいてから救急車を呼ぶまでに16分かかっていた、というこの一点です。

滋賀県の養護学校や特別支援学級の先生方に、大規模災害時の生徒らへの対応の中で、もっとも質問が多いのが、「スクールバスでの移動中に大規模災害に襲われたら…」という点です。

普通の小中学校とは違い、狭い学区でエリアが決められているわけではなく、広いエリアから障がいのある子らをバスで拾い、学校まで送迎するわけですから、送迎時間もかなりかかるわけです。その際、送迎の途中で発作や誤嚥等が起こることも、当然のことながら考えなくてはならないわけです。

今回の「16分」という時間を、早いとみるか、遅いとみるか…。

いずれにせよ、記者会見という場では、上記の大津保育園事故の時のようなやり取りが繰り広げられるわけです。

皆さんも、様々なリスクを想定し、もし記者会見がひらかれたとしたら、何を質問され、どう答えるのか…。
対応の仕方を振り返っておくことは大事な視点というべきです。

こんなものに振り回される経済なんて…

予想通りといいますか、この10連休後の経済の動きはもの凄かったようですね。
結果として、日経平均は大幅ダウン、アメリカNYダウも急降下…。

ただ、アメリカと中国の貿易戦争でいえば、圧倒的にアメリカが強いんでしょうね。
当初は「来るなら来い」的な鼻息の荒かった中国でしたが、結果、アメリカの粘り勝ちといいますか、経済の基礎体力が違うんでしょうね。アメリカ圧勝、といったところです。

そういう意味では、ディール(取引)的政治を信条とするトランプ大統領の圧倒ということでしょう。
あれだけの批判を受け続け、熱狂的なある一部のアメリカ人だけが支援する一人のリーダーが、力技でやったことがことごとく奏功するとは…。

歴代の賢い、バランス感覚のとれたリーダーでは、賢いがゆえに、またバランスをとり過ぎるがゆえに、結果として何もできなかったのとは大違いです。

その彼のSNSでのつぶやき一つで、世界経済ががらりと変わり、投資家たちが一喜一憂する…。

ただ、実態経済からかけ離れ、為替の動きで右往左往するいまの市場経済は、やはり間違っていると思いますし、小狡い奴だけが何となく得をして、まっとうに真面目に仕事をしているだけでは必ずお金が無くなっていくようないまの世の中は、少し王道からズレているように思えてなりません。

こんな連休は、もうない…

2019年のこのGWは、平成から令和へと改元し、国内サラリーマンの半分以上がなんと10連休だったようです。
こんな10連休なんて、盆暮れ正月であったとしても、めったにお目にかかれない休日でしょう。

もちろん、連休などという発想のない私は、バリバリと仕事をしていましたが、この4月から社会人になったゼミ生にはメールでこう伝えてあります。

「みんなが休む10連休。みんなと同じように休んでポーッとしとったら、みんなと何ら変わらないことになるぞ。みんなが休んでいる時こそ、我武者羅に仕事をして、自信をつけておくこと。その自信が、強いエンジンとなって、お前を動かすだろうから。若いうちは、時間も金も労力も、すべて自分のためにだけ使えるんやから、寝る間も惜しんで仕事しろ。自分を磨け。当たり前のように8時間で仕事を終え、当たり前のように週に2日休でいるようでは、プロにはなれないから。お前はいったい、何のプロや…? プロになりたければ、時間のある限り、力のある限り仕事をしろ。その頑張りが強いエンジンを作り、若干オヤジになった年齢になっても、強いエンジンがお前を守ってくれるから。先にあげた当たり前…の続き。当たり前のように、会社はお前を定年まで面倒見てくれるかな…?」

さて、私の弟子たちはハイパワーな波動エンジンで、明日からもこの乱世で思う存分暴れまわれるでしょう。

あらたな誓い…

今日は、平成最後の日なんでしょうね。
明日からは「令和」元年なわけです。

この数日は、介護事故裁判の資料作りやその他諸々の仕事が立て込み、仕事漬けの日々でしたが、やっと今日、ニュースを聞きながら雑務をこなしていると、現在の天皇陛下のお仕事の様子が振り返られ、天皇が代わるということは、我が国にとって、本当に一大事なんだ…と思ってしまうほどのメディアの伝え方ですね。

たしかに平成の天皇陛下は、戦争のなかった、戦争を良しとしなかった象徴でありました。
本当に、象徴としての天皇として、お疲れ様でございました。
私が言うまでもなく、明日からは、ゆっくりなさってくださいませ。

さて、いまの天皇陛下は86歳ということです。先日、51のオヤジになった私としては、「-あと35年は頑張らないと…!?」とまでは思いませんでしたが、陛下があれだけ公務に手を抜かず頑張っていらっしゃったのであれば、いまから深夜まで続くであろう天皇退位、そして天皇即位の報道のなか、「-私もあと35年は頑張りたい…」と、思ってしまうかもしれませんね。

本当に、お疲れ様でございました。

10日間の悲劇…?

あと数日で世の中は10連休のGWですね。
まずは、天皇陛下、お疲れ様でございました。と感謝と慰労の意を表したいと思います。

さて、金融の世界でもこの10連休、日本市場だけがお休みなわけです。この間にリーマンショック級の金融危機が来れば、投資家たちは手の打ちようがない…といった報道が多くなされていますが、小狡い人たちだけが得をする金融経済など、私にとってはどうでもいいことです。

それよりも、この10日間のお休みということで、他の産業や会社、病院等も閉まるところが多くなるわけです。
サラリーマンの半分以上が10連休、というデーターもありました。

となると、メディアでは大規模災害さながらに、現金を多めに下し、食品等についても買いだめをし…という報道を繰り返しているわけです。

たった10日程、会社が休みになったり、不便になったりすることは、災害時のドタバタと比べれば大したことでは全くありません。
私たちは便利という病にかなり侵されているものですから、有意義に時間を過ごせるはずの連休であったとしても、今まで通りの便利さを享受できる、と錯覚しているんでしょう。

おふくろが以前、私に言ったことがありました。「給料日前は、子どもに熱が出ようと、何かあろうと、病院には行けなかった…」と。
昔というほど過去のことではないのですが、一昔前は、どこの家庭もそうだったと思います。いまは過保護な時代ですから、トラブルに関しても免疫がなく対応力がないんでしょう。

数年前は熊本の地震の対応で九州にいました。
この長期の連休、大きな災害が起きてもまったくおかしくはない状況です。
備えを十分にしながらも、春緑を感じたいと思っています。