FC2ブログ

プロフィール

烏野猛

Author:烏野猛
介護事故裁判やリスクマネジメントの講演には定評があり、これからの社会保障や、社会福祉をめぐる「年金」「医療」「介護」の将来予測については、全国からの講演依頼があとを絶たない若手研究者。
2000年の介護保険制度導入後、介護業界での規制緩和に対抗するスタイルで福祉リスクマネジメント研究所を設立。「社会保障法」「社会福祉法制」の専門家であり、「福祉・介護」と「法律」の両方がわかる研究者。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ホームページが完成しました…!!!

 やっとのことで、我らがタクマ君が一生懸命作ってくれました「福祉リスクマネジメント研究所」のホームページ!! 先ほど完成しました。

 「福祉リスクマネジメント研究所」で検索して頂いても結構ですし、また下記の「福祉リスクマネジメント研究所」をクリックして頂いても結構かと思います。

 いつも皆さんに見て頂いております「からすの福祉法律研究所」のトップページの一番下のバーにも「福祉リスクマネジメント研究所」がありますから、是非ともクリックしてみて下さい。

 リスクマネジメント研究所では、講演や法人研修のほか、介護事故調査やヒヤリ・ハッと分析、そして皆さんをサポートするために、法人様との顧問契約もしております。

 一番、ご相談が多いのが、事故を起こしてしまい、裁判にまで持ち込まれるかも…相手が弁護士を連れてきた、というような場合の法人側支援でしょうか。

 あまり「リスク、リスク…」と言い過ぎますと、私のオヤジの件ではありませんが、自分で自分の首を絞めてしまいますから、何なんですが…。

 ところで、ホームページにも載せましたが「自己啓発セミナー」の第一弾としまして、『教授法』と言いますか、「考えをまとめる、素材を探す、伝える、文章にする」に特化した、「教授法セミナー」とするのか「教え方セミナー」にするのか…を開催しようと思っております。

 この4月22日にも、また海上保安学校で講演に出かけてきます。

 以前のブログにも書いたと思うのですが、あの映画「海猿」で有名な海上保安学校ですが、ここの教官は人事異動で2~3年間教員をやるわけです。ですから、先生になりたくて、と言うのではなく(当然希望もあるのでしょうが…)、人事異動によって数年間の教官生活を仕事として任務を遂行するんです。となると、学生へ教え方、伝え方を勉強しなくてはならないわけです。とくに、学校なわけですから、今の若者の置かれているコミュニケーションのとり方を知っておかなくてはならないわけですよね。

 なので、「理解する、整理する、調べる、伝える、理解させる」の実践力をつけるのが、当研究所です。

 こういう時に、徳島県の漫画喫茶で読破した『ワンピース』もこういう時に役に立つんですよね!!! 
 
 まー、とにもかくにもホームページが完成しました。
 皆さんの事業所でもしホームページを作りたいという方がいらっしゃれば、是非是非お声をかけて下さい。

 江川君と私とで一緒にホームページを作らせて頂きますから。とは言うものの、私は彼のマネージャー的存在であり、経済的な面での彼の自立をなんとか手助けしたいと思っているだけで、私にホームページ作成の知識はまったくありませんが…。

 是非、うちのタクマを宜しくお願いいたします。

 何だか、チョッパーを思うDr.ヒルルクにも似た感覚なんでしょうか…??? 

 群れ


 
ここ↓をクリックしてください。「福祉リスクマネジメント研究所」にジャンプしますので…!!! タクマの力作です。
 福祉リスクマネジメント研究所