FC2ブログ

プロフィール

烏野猛

Author:烏野猛
介護事故裁判やリスクマネジメントの講演には定評があり、これからの社会保障や、社会福祉をめぐる「年金」「医療」「介護」の将来予測については、全国からの講演依頼があとを絶たない若手研究者。
2000年の介護保険制度導入後、介護業界での規制緩和に対抗するスタイルで福祉リスクマネジメント研究所を設立。「社会保障法」「社会福祉法制」の専門家であり、「福祉・介護」と「法律」の両方がわかる研究者。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

センセイ、という人種…

 東京エリアを中心とした約60の大学で、300人近い教員らの研究費不正経理が発覚しましたね。

 なかにはその研究費で銀座で飲み食いしていたとか…

 とくに工学部系を筆頭に理系では、研究開発費という名目で多額の研究費が国から出ている場合がありますから、その研究費を外部発注する場合の癒着や不正は、当然のことながら起こるのはごくごく当たり前と言いますか…。

 業者にしてみれば、大学の教授クラスをチヤホヤするなんざあー、世間ズレしておらず、お山の大将で「先生、先生」といわれてきた大きな子どもを扱うのと同然ですからチョロイもんだったと思いますね。

 バリバリ文系の私は、銀座で飲みに行く際にも、気を遣われるのが嫌なので、完全に一人の行動ですし、どう考えても先生らしい振る舞いで飲んでいないものですから、公金横領など夢のまた夢に近い環境ですね。

 「センセイ」とは、一体どんな人なんでしょうね…??? 

 銀座の寿司屋や飲み屋で「先生、先生」と呼ばれている風貌をみて、いかにも脂ぎって利権マンタクレっぽい人種は「政治家」の先生。彼らはどんな場合でも左手の小指に結婚指輪をしているのがポイント!!

 インテリ風で、身なりにも金をかけている「先生」で、クラブの女を両脇において慣れた感じは、だいたいドクターか弁護士…。

 ドクターなのか、弁護士なのかの違いは、取り巻きが社章をつけたスーツ姿のサラリーマンで、下っ端がこまごま動いているようであれば、製薬関連の人間なので、まずはドクター。ガラの悪いヤクザ風の取り巻きで、いささか品にかける連中であれば、彼らから先生と呼ばれている人はだいたいにおいて弁護士。

 あまりお金を持っていなさそうで、サラリーマンでもなく(サラリーマンなら、あんなボサボサな髪やヒゲはまずあり得ませんから…)、安物っぽい靴を履いている「先生」は、大学教授…。

 あと、先生ではないのですが、「会長」と呼ばれているガラの悪い集団は、だいたいヤクザ…。
 政治家との違いは、結婚指輪をするしないは別として、まず小指がないのが特徴!!! 

 一昔前とは違い、また、銀座で「先生、先生」と呼ばれる人にロクな人はいない、ということが分かって頂けたでしょうか…。

 私…???  「何のお仕事をされているんですか…?」と飲み屋で聞かれれば、「宇宙人してます!!!」と答えるようにしています。決まって、「吉本の方ですね…」とだいたいの人が聞き返してくれますので、強面で漫才の一つでもやれば、大丈夫と決まっていますね…。

 あはは…!!!

 暑い夏です。ビールを傾けながら「ゴーヤでどーや…!」といきましょう!!!

ゴーヤでどうや…!!