FC2ブログ

プロフィール

烏野猛

Author:烏野猛
介護事故裁判やリスクマネジメントの講演には定評があり、これからの社会保障や、社会福祉をめぐる「年金」「医療」「介護」の将来予測については、全国からの講演依頼があとを絶たない若手研究者。
2000年の介護保険制度導入後、介護業界での規制緩和に対抗するスタイルで福祉リスクマネジメント研究所を設立。「社会保障法」「社会福祉法制」の専門家であり、「福祉・介護」と「法律」の両方がわかる研究者。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

今年最後の、そして来年に向けて…

 明日の2013年元旦は、オヤジがいつも行っていたように実家の裏山に登って初日の出を拝むつもりです。日の出が07時15分頃ということですから、06時30分頃から登り始めれば大丈夫です。

 朝のブログにも書きましたが、今年オヤジが亡くなった年でもあり、忘れられない今年ではありますが、やはり2年続けての震災プロジェクトの委員長として仕事ができたこと、非常に嬉しくも光栄な機会であったと思っています。

 今年度事業でもありますので、来年の3月末までに報告書も書かないといけませんし、またDVDの編集等もあります。最後までしっかりとお勤めさせていただきたいと思っています。

 来年の目標や抱負ですが、4月までにしっかりと考えたいと思っています。本来であれば、「一年のケイは元旦から…」というくらいですから、今日の大晦日にしっかりと考えておかなければならないんでしょうが、ここ数年本当に動きすぎて、少しこれからのことを考えるのに数か月間の時間をとろうと思っています。

 大きな軸としては、ほぼ決まっています。以前のブログにも書きましたが、「シンプル」に生きたいと思っています。もう格好をつける必要は一切無いと思いますし、ブレない軸はこの2、3年でできたように思うからです。ただ、政治・経済・社会情勢等、流れが読みにくく、1年先のことも読めないご時世ですから、流れを見極めるとまではいかないものの、今後の生き方についてグランドデザインを描くのにはいささか時間が…。

 そう、「シンプルに…」です。具体的には、「便利さ」を追求するのを止めようかとも思っています。ほんの小さい、明日からやろうとしていることですが、具体的には、「この一年、コンビニに行かない」ようにしたいと思っています。

 「―ちょっと、喉が渇いたな…」、「―ちょっと、お腹が減ったな…」という理由でコンビニに立ち寄ってきましたが、便利な分、「我慢する、耐える」という気持ちを呼び戻さないといけないと思っています。
 便利になりほとんどの情報も容易に手に入るようになったものの、「―進化したのか…?」と自分に問いかけても、まったく進化などしていない自分がいますから。「上滑りな進化」では、この乱世生きて渡ることはできませんから。また、コンビニの店舗数が過去最高になり、これだけ物が売れない時代になりますと、この資本主義社会のなかでは、「―いかに、モノを買わせ、いかに、金を使わせるか…」に振り回されているように思えてなりません。

 今年の終わりに、こうしてブログが書けることに、そして少しでも皆さんとつながっていることに感謝の一年でした。ブログを書き続けて、かれこれ丸10年です。
 皆さん、よい大晦日をお過ごしくださいませ。そしていい年をお迎えください。ありがとうございました。
夕日