FC2ブログ

プロフィール

烏野猛

Author:烏野猛
介護事故裁判やリスクマネジメントの講演には定評があり、これからの社会保障や、社会福祉をめぐる「年金」「医療」「介護」の将来予測については、全国からの講演依頼があとを絶たない若手研究者。
2000年の介護保険制度導入後、介護業界での規制緩和に対抗するスタイルで福祉リスクマネジメント研究所を設立。「社会保障法」「社会福祉法制」の専門家であり、「福祉・介護」と「法律」の両方がわかる研究者。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

行く年、来る年…

あと二日で今年が終わります。
「この一年は、悲しみに埋もれた年だった…」という方々も多くいらっしゃることでしょう。

今年は夏から大規模災害の連続でしたから、犠牲になった方や、またその家族・親族の方にとってみれば、涙が枯れた年でしたでしょうし、STAP細胞をはじめ、お騒がせ科学者もどきや、責任を問われ自害した人の家族や親族にとっても、「-なかったことにして欲しい…」年であったと思います。

「―去年の今頃は、あんなに元気で仕事をしていたのに…」
「―去年の今頃は、あんなに笑顔だったのに…」

という言葉を、病気や事故にあわれた方に対して語った忘年会の時期でもありました。

今年があとわずかで終わり、そして来年という次の年がやってきます。大きなことはできなくても、現状維持のままでも、元気で、そして何よりも笑顔でいたいものですよね。

湖岸の朝焼けです。

朝焼けの湖岸