FC2ブログ

プロフィール

烏野猛

Author:烏野猛
介護事故裁判やリスクマネジメントの講演には定評があり、これからの社会保障や、社会福祉をめぐる「年金」「医療」「介護」の将来予測については、全国からの講演依頼があとを絶たない若手研究者。
2000年の介護保険制度導入後、介護業界での規制緩和に対抗するスタイルで福祉リスクマネジメント研究所を設立。「社会保障法」「社会福祉法制」の専門家であり、「福祉・介護」と「法律」の両方がわかる研究者。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

あれから一年…

岐阜県にまたがる御嶽山が大噴火をして、明日で一年です。
まだ一年しか経っていないんですね。直接的な被害を受けた当事者ではないからだと思います。
ずいぶん昔のことだったような気がします。

東日本大震災以来、「あの時、どこで何をしていましたか…?」と尋ねられる事が多いようにも思います。
ちょうど御嶽山が噴火した日、たしか、車で島根県からの帰りで、姫路か神戸あたりで第一報を聞いたと思います。

その足で、長野から岐阜入りし御嶽山に入ろうかと思案していたところ、今回の噴火の規模等を考え合わせると、素人の出る幕では全くないということから、後方支援に回ったことを思い出しました。

先月の鬼怒川決壊に伴う北関東大水害をはじめ、一年間の間だけでも、文字通り数え切れないくらいの大小の災害が発生しました。以前のブログにも書きましたが、東日本大震災以降、その頻度は加速化しているように思えてなりません。

先日、飛行機で東北に出かけたのですが、やはりそうでした。
子どもよりも、お母さんが先にライフジャケットを着ていることが、理想であり、模範なんだと。

つまり、トリアージの問題とも絡むんですが、「誰を先に助けるべきか」、そして「誰はまず先に助かっておくべきなのか」の例を再確認したように思いました。

飛行機…