FC2ブログ

プロフィール

烏野猛

Author:烏野猛
介護事故裁判やリスクマネジメントの講演には定評があり、これからの社会保障や、社会福祉をめぐる「年金」「医療」「介護」の将来予測については、全国からの講演依頼があとを絶たない若手研究者。
2000年の介護保険制度導入後、介護業界での規制緩和に対抗するスタイルで福祉リスクマネジメント研究所を設立。「社会保障法」「社会福祉法制」の専門家であり、「福祉・介護」と「法律」の両方がわかる研究者。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

優しく、強く、そしておもしろく…

今年は、「―言いたいことはちゃんと伝える…」という年にする目標を立てましたが、やはり会議の場や公の場では、破壊力のある恫喝(?)が、異色感マンテンな雰囲気を醸し出します。

醸し出す、と言えば聞こえや響きはいいですが、凍りつく、焦土化する、といった方が正確かもしれません。

ちょっと修正を図らないといけない…、と一月を経て思うようになりました。

その際のキーワードは、「優しく、強く、そしておもしろく」だと思っています。

順番を間違えてはいけないんでしょうね。「強く、優しく…」では、ダメなんでしょね。

「優しく、強く、おもしろく」ですから、最後のオチはすべてをうまくいかせるエッセンスです。このオチで滑ると、優しくは弱くに、強くは脅迫・恫喝に切り替わってしまう恐れがありますから。

人間関係や、場を読む、というのは以外と難しいわけですから。