FC2ブログ

プロフィール

烏野猛

Author:烏野猛
介護事故裁判やリスクマネジメントの講演には定評があり、これからの社会保障や、社会福祉をめぐる「年金」「医療」「介護」の将来予測については、全国からの講演依頼があとを絶たない若手研究者。
2000年の介護保険制度導入後、介護業界での規制緩和に対抗するスタイルで福祉リスクマネジメント研究所を設立。「社会保障法」「社会福祉法制」の専門家であり、「福祉・介護」と「法律」の両方がわかる研究者。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

働き方改革の黒幕…

政府は、働き方改革の取り組みに、躍起となっています。

しかし、働き方改革は、働かせない改革、働いてはいけない改革のように思えてなりません。
もっと仕事がしたい人、もっと稼ぎたい人にとっては、働いてはいけないような錯覚さえも覚えさせてしまう流れです。
とくに新人含めて若者は、残業なしの定時に帰り、週休2日の労働環境のなかで、どうやってプロになり、仕事を覚え、技を磨くことができるのか…。
若いときには多少の無理は、無理がきく年齢なんです。ある程度の歳の者は、無理をしたくても無理なんてできないんですから。

大規模災害が起きた際に、誰がどんな働き方をしてきたのか…。

ましてや、これからAIの発展で、我々の仕事がロボットに取って代わろうとしているいま、極力仕事をしないような縛りのある改革は、一体、誰にとっての良い改革なのか…
ひょっとして、この働き方改革の黒幕は、スーパーロボットであるAIのような気がしてなりません。

思うがままに、働きたければ個人事業主なり、自分で会社を興して社長になるしかない、というところなんでしょうか?

その結果、それで「格差、格差」とまるで格差が悪いかのような風潮は、いかがなものかと…。

八咫烏