FC2ブログ

プロフィール

烏野猛

Author:烏野猛
介護事故裁判やリスクマネジメントの講演には定評があり、これからの社会保障や、社会福祉をめぐる「年金」「医療」「介護」の将来予測については、全国からの講演依頼があとを絶たない若手研究者。
2000年の介護保険制度導入後、介護業界での規制緩和に対抗するスタイルで福祉リスクマネジメント研究所を設立。「社会保障法」「社会福祉法制」の専門家であり、「福祉・介護」と「法律」の両方がわかる研究者。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

あらたな誓い…

今日は、平成最後の日なんでしょうね。
明日からは「令和」元年なわけです。

この数日は、介護事故裁判の資料作りやその他諸々の仕事が立て込み、仕事漬けの日々でしたが、やっと今日、ニュースを聞きながら雑務をこなしていると、現在の天皇陛下のお仕事の様子が振り返られ、天皇が代わるということは、我が国にとって、本当に一大事なんだ…と思ってしまうほどのメディアの伝え方ですね。

たしかに平成の天皇陛下は、戦争のなかった、戦争を良しとしなかった象徴でありました。
本当に、象徴としての天皇として、お疲れ様でございました。
私が言うまでもなく、明日からは、ゆっくりなさってくださいませ。

さて、いまの天皇陛下は86歳ということです。先日、51のオヤジになった私としては、「-あと35年は頑張らないと…!?」とまでは思いませんでしたが、陛下があれだけ公務に手を抜かず頑張っていらっしゃったのであれば、いまから深夜まで続くであろう天皇退位、そして天皇即位の報道のなか、「-私もあと35年は頑張りたい…」と、思ってしまうかもしれませんね。

本当に、お疲れ様でございました。