FC2ブログ

プロフィール

烏野猛

Author:烏野猛
介護事故裁判やリスクマネジメントの講演には定評があり、これからの社会保障や、社会福祉をめぐる「年金」「医療」「介護」の将来予測については、全国からの講演依頼があとを絶たない若手研究者。
2000年の介護保険制度導入後、介護業界での規制緩和に対抗するスタイルで福祉リスクマネジメント研究所を設立。「社会保障法」「社会福祉法制」の専門家であり、「福祉・介護」と「法律」の両方がわかる研究者。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

11月11日 介護の日にちなんで

11月11日は介護の日です。厚生労働省が、「いい日、いい日」のゴロから、制定したようです。

今年は、この介護の日にちなんで滋賀県社協で話をする機会を得ました。数百人の介護に従事する若者に対し、「介護の仕事を続けていく上で、元気が出る話を!!!」というご依頼だったものですから、これからの介護の可能性を目いっぱいお話してきました。

記念講演が終わり、車に乗ろうとすると、ぞろぞろと教え子たちが集まってくれたのにはとても嬉しく、そして感謝の想いが込み上げました。滋賀の大学でお世話になって、はや20年近くが経ちますから、教え子の数は数え切れず、また昔の教え子たちは、私が大学に赴任した時の年齢をはるかに超えた者も多くいるわけです。

卒業してから一度も会ったことがなかった教え子からも、「卒業してから、ずっとこの仕事を続けてきました。」と名刺交換をしながら語ってくれた時のじーんとくる喜びは、何にも代えられぬ幸せな時間でした。

私自身、これからも頑張らねば…、と思うひと時でした。彼らの守護神にならないといけませんからね。

介護の日

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する