FC2ブログ

プロフィール

烏野猛

Author:烏野猛
介護事故裁判やリスクマネジメントの講演には定評があり、これからの社会保障や、社会福祉をめぐる「年金」「医療」「介護」の将来予測については、全国からの講演依頼があとを絶たない若手研究者。
2000年の介護保険制度導入後、介護業界での規制緩和に対抗するスタイルで福祉リスクマネジメント研究所を設立。「社会保障法」「社会福祉法制」の専門家であり、「福祉・介護」と「法律」の両方がわかる研究者。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

やっと師走らしくなりました…!!! 

今年の異常気象のせいなんでしょうか? 
12月に入ってもまったく寒くなかったのが、この週末でやっと冬っぽくなってきました。
今年一番の寒気がやってきた、ということらしいですから。

ただ、北海道や東北北陸の日本海側では、大雪に見舞われていますから、ご自愛くださいませ。
暖冬と言われながらも、今年2月の福井市を襲った大豪雪のようにならないとは、誰も予測できないのが自然の怖さ、というものです。

これからは豪雪に備えないといけませんが、いずれにせよ注意しなければならないのが停電です。
そして停電による断水にも備えが必要です。

停電と断水への備えを万全にお願いします。

介護現場で働いている仲間にとっては、停電と断水を前提とした介護技術や工夫が、求められているんだと思います。

今週は、全国の取り組みで大規模災害に備えたD-WAT研修が福岡で実施されます。昨年に続き、2期生の誕生となるわけですが、来年も大きな災害が予想されます。
大規模災害の予想、と一言でいいましても、これまでの災害をイメージしたものではなく、質量、そして現れ方も、「こんなの初めて…」というものだと思います。

つまり、過去の災害の教訓がなかなか活かせないほど、災害の形状や出現が変化している、ということです。

来年は、より防災備蓄品の開発に力を入れて、介護に携わる専門職の英知を結集し、いいものを作りたいと思っています。
みなさんにもお声をかけますので、是非、力を貸してください。

D-WAT研修

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する