FC2ブログ

プロフィール

烏野猛

Author:烏野猛
介護事故裁判やリスクマネジメントの講演には定評があり、これからの社会保障や、社会福祉をめぐる「年金」「医療」「介護」の将来予測については、全国からの講演依頼があとを絶たない若手研究者。
2000年の介護保険制度導入後、介護業界での規制緩和に対抗するスタイルで福祉リスクマネジメント研究所を設立。「社会保障法」「社会福祉法制」の専門家であり、「福祉・介護」と「法律」の両方がわかる研究者。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

平成最後の大晦日…

今日で平成最後の年が終わります。

皆さん、この1年間、良い年でしたでしょうか?  
そうであった方も、また、そうでなかった方も、明日からはまた新しい1年が始まります。

明日からの2019年、政治経済を含めた国際情勢は悪化の一途をたどり、アメリカの経済失速に連なるように我が国の景気も非常に悪くなるでしょう。

自動車の輸出だけで景気を支えていたような実態の伴わない我が国にあっては、株価は下がり続け、円は高くなり、人間に例えるなら、ガクガクの膝で重い荷物を持っているようなもの…。
ですが、悪い話ばかりでもありません。やっとというか、本当の日本の体力を測ることができるわけですから。すべてが試されるでしょうね。

国も、そして個人も…。

アメリカ大統領の考えや発信される言葉を聞くと、「-たしかに、その通りでもある…」と頷く部分も多々あるわけです。過去の歴代大統領が、思っていただけで口には出さなかった、だけのことでしょう。
自国の利益、という観点からすれば、これまでのアメリカはコスパが悪すぎた…。
そのことをビジネスマンである彼が言っただけのこと…。

いまのアメリカと中国の貿易・情報戦争をみていると、いまはアメリカに軍配があがっていますが、明日からの来年も含めたここ数年で、中国に軍配が上がることは明らかです。
国家と軍事、商業の三つ巴が可能だからです。
専制的な国家の命令で、軍もビジネスも一緒になってやりたい放題ができるわけですから、そりゃ物事は加速化します。

アメリカや日本は、どう転んだところで民主主義がある程度発達・進化しながら継続してきた国です。
覇権争いで勝利を勝ち取るには、邪魔が多すぎるわけです。

ですから、中国や北朝鮮がある意味では今後、最強な国になることは明らかでしょう。

そのときに試されるわけです。

真の人権や、真の権利、そして真の福祉というものが、これからも本当のものであり続けるのか、はたまた、一蹴され、まったく別のものに生まれ変わってしまうのか…。

いずれにせよ、2019年のこの1年は、国としても、そして我々個人としても、試される年になるでしょう。
試された結果、どんな自分が残るのか、年末くらいには分かるかもしれません。

これからも皆さんで情報を交換し、試されながらも、一人ではないことを胸に、挑んで参りましょう。
皆様、今年一年、有難うございました。
そして、良いお年をお迎えくださいませ。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する